とりあえず やってみる

んにちは(^^)

のべ15年 30000件の経験

家族に平和をとりもどすカウンセラーの
本郷彰一です。

カウンセリングの中で、「とりあえず、やってみましょう」
とお伝えすることがよくあります。

とりあえず・・・なんて聞くと

「失敗するんじゃないの?」とか

「そんな、いいかげんな!」とか

「何を根拠に言うんですか?」とか

思う方もおられると思います。

 

でもね。

そう思う方であればあるほどオススメしたいのです。

 

どうしてかと言いますと、それは・・・

 

 

何か変化を起こさないと、状況は何も変わらないからです。

算数で考えてみると、わかりやすいかもしれません。

 

たとえば、2×5=10 という式があったとします。

これに「ママ友づきあいがしんどい」というお悩みを当てはめて考えてみます。

2が、今のあなたの気持ちや考え方(しんどい、つらい、ママ友と関わりたくない…など)
5が、今のあなたがやっている行動や人間関係(ママ友とは挨拶しない!、嫌なことを言われても黙っているだけ、など)

だとします。

 

そして、「2」と「5」の結果として

10の「ママ友づきあいがしんどい」という状況があるわけです。

この「10」を例えば「20」とか「50」とか「100」に変えることで

「ママ友とそれなりにやっていける」状態とか
「ママ友と縁を切って楽に毎日を過ごす」状態とか
「ママ友と共通の趣味を見つけて仲良くなった」状態とかに

変えることができるわけです。

つまり、算数の式を変える必要があるわけです。

「2」を「4」にかえたり、「5」を「25」にかえたりすることで

4×5=20 になったり
2×25=50 になったり
4×25=100 になったりしますよね。

 

そして、その「4」や「25」といった数字が、あなたにとってどういう考え方や気持ちの変化や行動の変化になるのかは、今はまだわかりません。

 

だって、現時点ですでに答えが分かっていたら
カウンセリングを受ける必要がないですよね。

 

だからこそ

いろんな方のケースを見たり
一緒に改善に向けて取り組んだり
問題が解決してラクな自分を手に入れた方をたくさん見てきたカウンセラーと一緒に

考えたり
意見を出し合ったり
提案してもらったりしながら

 

「とりあえず やってみる」ことをやってみて、あなたにとって最適な答えをさがしていくのですね。

 

もちろん一人で取り組むこともできますが・・・


カウンセラーと二人でやっていくほうがカウンセラーからの客観的な評価や提案があるので、はるかに時間短縮になります。

あなたによっての「最適な答え」を一緒に見つけていきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。