毒親を絶つって 結局何をどうすれば良いの?

んにちは(^^)

のべ15年 30000件の経験

家族に平和をとりもどすカウンセラーの
本郷彰一です。

こんにちは(^^)

のべ15年 30000件の経験

家族に平和をとりもどすカウンセラーの
本郷彰一です。

毒親を絶ちたい!
もうあの親と縁を切りたい!一生顔見たくない!
二度と親の奴隷にはならない!

そう思い立って、いざ、毒親を絶つぞ!と決心した。

・・・でも。

しばらくすると

「それでもやっぱり、親だからなあ・・・」
「今ごろ、どうしてるかな。困っているんじゃないかな・・・」
「今度こそ、変わってくれるかもしれない」
「親が年老いてきた時、私ぐらいしか介護してやれる人いないだろなあ」

っていうふうに思ってしまって、また親に連絡をしてしまう。親からの電話を取ってしまう。

いわゆる毒親を絶てないあるある、ですよね。

 

さてさて。これを何度も何度も繰り返してしまっていて
「きっと、一生このまま不幸なままなんだ・・・」と

すっかり諦めてしまうこともあるようですが。

 

この課題を解決するためには
ひとつだけ、と~っても大切なポイントがあるのです。

それは・・・

「相手との距離感を常に意識する」ことです。

こころの距離感という視点で今のお話をおさらいしてみると、こうなります。

 

毒親を絶ちたい!
もうあの親と縁を切りたい!一生顔見たくない!
二度と親の奴隷にはならない!

という時は・・・

 

心の距離が近い!近すぎる!!と不快に感じている

 

なので、インターネットで解決法を調べたり、動画を検索したり
カウンセラーに相談したりして、とりあえず「解決法を知る」といったことをされると思います。

 

この時点では、こころの距離を取ることができています。

 

・・・でも。

さきほどにもありました

「それでもやっぱり、親だからなあ・・・」
「今ごろ、どうしてるかな。困っているんじゃないかな・・・」
「今度こそ、変わってくれるかもしれない」
「親が年老いてきた時、私ぐらいしか介護してやれる人いないだろなあ」

となる時。

 

この時、こころの距離は

残念ですが、「離れすぎて、逆に不快だ」と感じているのです。
(どうしてそうなるのかという理由はちゃんとあるのですが、話し出すと長くなるので今回は割愛します)

そして・・・・・・。

(おそらく予想通りだと思いますが)
無事(?)もとのさやに戻ってしまう、というワケです。

 

ここで大切なことは?

 

 

そうです!

こころの距離を空けたあと、戻らないようにすること
ですよね。

 

そのために必要なことが
常に相手との距離感を意識しておくこと

なのです。

 

あ、距離を縮めたくなってきたな~とか
あ、相手が距離を詰めてきたな~とか

 

できるだけ早く気づけるようになると早目に対処できるようになるので
そのぶん、あなたがラクになります。

※虫歯の治療に例えるとわかりやすいですよね。
小さな虫歯のうちに治療しておくのか、歯がボロボロになってようやく治療するのか?
の違いみたいなものです。

 

そして、そのお手伝いをするために
私たちカウンセラーがいます。

確実に毒親を絶つことで
あなたの人生をとりもどし、幸せな毎日を手に入れましょう!!

☆★☆今日のおさらい☆★☆

毒親を絶つ時は、結局
「相手との距離感を常に意識しておくことが大事」
なのです!

 

◇おまけ◇

私が提供しているカウンセリングでは
目で見てわかりやすい資料(テンプレート)をお渡しさせていただくことで
カウンセリングの効果が長期的に続くような形でのサービスを提供させていただいています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。