死にたいと思った時は・・・

んにちは(^^)

のべ15年 30000件の経験

家族に平和をとりもどすカウンセラーの
本郷彰一です。

また仕事で大きな失敗をしてしまった
離婚を切り出された
子どもが暴れて手がつけられない
病気が治る見込みがない、絶望しかない

もう死にたい、死ぬしかないと思うような時があると思います。

 

 

そういう時は・・・

 

 

まず、「100%味方になってくれる人とつながる」ことです。

もちろん、パートナーや家族、友人や同僚などの近しい人でも良いのですが

 

あなたが死にたいという気持ちを打ち明ける相手のこころに余裕があるかどうかによっては

「そんなことを言ってはだめ」
「なんでそんな事を言うの」
「一人で勝手にどうぞ!」

などと

気持ちを否定されたり
説教されたり
むしろ冷たくあしらわれたと感じるだけで
終わってしまったりして

あなたも、相手も、気分を余計に害しただけで終わってしまうことがあります。

 

だからこそ、あなたの気持ちに徹底的に寄り添う存在であるカウンセラーに

その死にたい気持ちを話していただきたいのです。

 

こうお伝えすると、よく
「いやいや、私の話なんてくだらないですから・・・」
などといって、遠慮する方がおられます。

 

しかし、カウンセラーの私に言わせると

そういう方だからこそ、ぜひ、その辛い気持ちを教えていただきたいのです。

死にたくなったら、まずカウンセラーに相談。

 

これだけ、頭のどこかにとどめておいてくださいね。

初回おためしカウンセリングはこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。