お手軽で効果あり! パニックを防ぐ方法

んにちは(^^)

のべ15年 30000件の経験

家族に平和をとりもどすカウンセラーの
本郷彰一です。

今日は

「お手軽で効果あり! パニックを防ぐ方法」

というテーマでお話させていただきます。

ズバリ!ふせんを活用することでパニックをすることができるのです。

 

みなさんは、やることがあまりにも多すぎて
「混乱してしまう(パニックになる)」ことって、ありませんか?

実は私、3つ以上の「やること」が一気に押し寄せてくると
けっこうパニックになりそうになってしまいます。
(お恥ずかしい・・・)

 

 

やることが多すぎてパニックになっちゃう時
あなたのこころの中では

 

「やることがいっぱいだ!何もできていない!!
    ↓
このままではだめだ!!」
    ↓
「できない自分なんてみじめだ」
    ↓
「こんな自分のことをみんな責めたりバカにしたりするに違いない
    ↓
「あ~、もうどうでもいいや!!」
    ↓
なにもしたくないやる気が出ない考えたくもない

 

というような気持ち考えが沸き起こります。

 

そして、結果として
あなたのやるべきことは何も進まないまま
時間だけがどんどん過ぎていくのです。

この状態で次にふと「あ。まだ何もできていない」ということを思い出してしまった時は
ますますパニックになってしまうのです。

 

こういう時の対処法として、ふせんを活用するのです(#^.^#)
ふせんとえんぴつを用意します。

 

そして、まずはやることをぜんぶ、ふせんに書いていきます。
1枚のふせんに、やること1つ書きます。

 

まずは「書き出す」ことで、これ以上気持ちが焦ったりやる気が出なくなったりすることを
防ぐのです。

 

そして、その次は

 

1ミリでもいいから、1歩でもいいから
(片付けの場合だったらあなたが今座っている位置から動かずに、手が届く範囲だけでいいから)

とにかく、なんでもいいから1つずつ、確実にやっていく
ことが重要になってきます。

 

 

・・・しかし!!

 

 

カンペキ主義な人ほど

マジメな人ほど

責任感が強い人ほど

 

また、LDHDっぽい(いろいろなことにすぐに気が散ってしまい一つのことに集中するのが苦手)人や

うつ(抑うつ状態)だったり、疲れ切ってエネルギ切れを起こしている時であればあるほど

 

「全部終わっていないと意味がない」

 

って思ってしまいます。

 

 

こういう時誰かに相談すると、たいてい

「カンペキにしなくていいよ、死ぬわけじゃないし」とか

「ちょっとずつしたらいいじゃん、なんでできないの?」とか

「そういうコト考えているから何も進まないんだお!」とか

言われると思いますが

 

でもそれって、
「今それができていない人」にとっては、かな~り酷な言葉だったりします。

 

 

そこで、「一つずつやっていく」ことが大切なのです。

 

 

ふせんに書き出すところから手順をまとめますと
①から④まで、ひとつずつ順番にやっていくだけです。

 

①「やることをふせん1枚に1つ、どんどん書いていく」
※できるだけ小さなことにするのがコツです。
〇机の上をきれいにする
×家の大掃除をする

②「ふせんに書き終わったらとにかく大急ぎですることを一番上にして、順に重ねていく

③「クリップでとめる」←ココ大事です!!(ばらけたら結構ショックです・・・)

④「あとは何も考えずに、上から一つずつやっていく。やることが終わったら一番上のふせんをその場でクシャクシャ丸めてゴミ箱にポイ!

 

以上です。

 

とにかく、何か一つのことをやっている時は

他のことは一切考えないことが大事です。

 

にんげんって、本来

一度に一つのことしかできない(考えられないのですから。

 

 

そして、のこりのふせんの枚数が減っていくにつれて、
同時に、ゴミ箱に入ったクシャクシャふせんの量が増えていくにつれて

 

その成果が「目に見えて」わかります。

 

 

ああ、ここまで進んだんだ・・・よくやったぞ自分!!と
できている自分を、い~っぱいほめてあげてくださいね(#^.^#)

 

 

・・・え。

たくさんふせんできたけど重ねる順番がわからない
書くことがたくさんありすぎてふせんに書ききれない?
逆に、なにをふせんに書いたら良いかわからない

 

そういう場合は、迷わず
私にご相談くださいね。

 

まずはあなたご自身の気持ちがラクになり、こころに平和を取りもどすことで
家族にも平和を取りもどすことができます!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。