プロセスは完璧 というお話

んにちは(^^)

のべ15年 30000件の経験

家族に平和をとりもどすカウンセラーの
本郷彰一です。

※この記事はカウンセリングをまだ受けたことがないという方にとっては少しわかりにくいことが書いてあると思います・・・が、とりあえず最後まで読んでみてくださいね。内容については「なんとなく」頭の片隅に置いておく程度でだいじょうぶです(#^^#)

 

心理学を学んだり、カウンセリングを受けたりしていると、「プロセスは完璧である」などという言葉を耳にすることがあります。

もうちょっと馴染みのある言い方にするならば

「人生の全てに意味がある」
「人生万事塞翁が馬」
「人生で起こる事すべてに無駄はない」

こういったあたりでしょうか。

 

こういう考え方を持つことで一体あなたにとってどういうメリットがあるのか?といいますと・・・

 

 

「嫌だなあ、しんどいなあと思うことがあったとしても、前向きに考えたりメリットを見つけたりすることができる」
「ネガティブな気持ちになることがあっても、再びポジティブな気持ちに戻りやすくなれる」
「周りに流されない、ブレない自分でいることができる」

こういったメリットがあります。

 

「え~、そんなの無理だよ」
「頭ではわかっているんですけどね・・・」
「いちおうやってみたけど、私にはダメでしたよ?」

そんな声が聞こえてきそうですが・・・・

 

でもね。

 

生まれつき「プロセスは完璧です!」と思えている人って、ほとんどいません。
むしろ、いたら怖いです(笑

 

カウンセラーを含め、この考え方ができる人は、皆それぞれのペースで
それなりの練習をしたり、人生経験を積んだりした経験があるハズです。

 

そして、この練習をするうえでの最大のポイントは

「実践できている人と関わり続けていること」

なのです。

にんげんですから、どうしても気持ちがブレてしまったり、
「やっぱり自分には無理かも・・・」とあきらめたくなったりする時があります。
(私自身も、気持ちが揺れることはあります)

 

こういう時、たった1人で孤独に取り組んでいると、ネガティブな気持ちのほうがだんだん強くなってしまい、そのまま本当に諦めてしまう確率が高くなってしまうのです。

 

実践できている人はどうなのか?と言いますと

実践できている人と関わり続けていることで、その人に会うたびに
「良い影響力を分けてもらえることで、気持ちを立て直すことができている」のです。

 

そして、それを何度も何度も繰り返しているうちに

だんだんと、気持ちが落ち込みそうなことがあったとしても、
その影響が小さくなったり、影響を受ける時間を短くすることができるなどして
ブレない自分になっていくことができます。

 

もう少し具体的にお話しますと

「今日はうまくいかなかったけど、〇〇を学べたからよかった!」
「この出来事があったということは、次は何か良い変化がやってくる」
「冬は寒いけど、いつか必ず春が来るから待っておこう」

こういうふうに思える(信じる)ことができるようになった度合いだけ、ブレない自分になれるということです。

一度コツを身につけてしまえば、あなたのあとの人生は
飛躍的に楽に感じることができるようになりますよ(#^^#)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。